【GC HELLO】ストキャスティクスでタイミングを捉える!/ゴールデンチャート社

 


 

ストキャスティクスは、オシレーター系を代表するテクニカル指標の一つです。 過去の一定期間の株価(値動き)の中で、現在の株価がどのあたりに位置するのかを見ます。 現在の株価が買われすぎなのか、売られすぎなのかを判断して、逆張りで売買するという考え方です。 オシレーター系テクニカル指標のオーソドックスな見方です。 買いサインの目安 -K(%K)と-Fast(%D)が、20%もしくは30%以下・・・売られ過ぎクロスし、-K(%K)が-Fast(%D)を上抜ける時(20~30%以下で)予め定められた水準(例20%)を割った後、-K(%K)もしくは-Fast(%D)が下から上抜ける時 売りサインの目安 -K(%K)と-Fast(%D)が、80%もしくは70%以上・・・買われ過ぎクロスし、-K(%K)が-Fast(%D)を割り込む時
(70~80%以上で)予め定められた水準(例80%)を上回った後、-K(%K)もしくは-Fast(%D)が上から割り込む時 価格との逆行も一つの目安となります。 株価が高値近辺で上値を切り上げているのにもかかわらず、同じ期間でその数値を切り下げてきている状態、ダイバージェンスといいます。このような逆行現象が起きた場合には、テクニカル指標の示した方向へ株価が動くケースが多いということになります。 この逆、株価が底値近辺で下値を切り下げているのにも拘らず、数値を切り上げている状態、コンバージェンスも起こります。 (TRY)