よく言われるのは、FXの取引口座を分散させることが必要だと言う事です。

 

インターネットで取引をするFXには、システムダウンのリスクが付きまといます。

 

ここだというポイントで、取引したい時にシステムダウンで取引できなかったら?

 

そんな時の為に、口座を分散しておく事で、ダウンした業者の口座は手が出せないのですからともかく、残りの口座でダウンした口座の分のフォローに回る事もできます。

 

しかし、口座を分散させると言う事は、それだけ資金が必要になります。

 

それは、折角小額から始められるFXなのに、ちょっと重たい負担になる、とお思いの場合はこんな方法はいかがでしょうか?

まず、メインの口座を開設し、FXの取り引きを始めます。

 

そのメインの口座での取引は資産を減らすことなく着実に増やしていくという重大な役割を果たしてもらわなくてはならない口座です。

 

こちらでは、危ない橋は渡らずに、大き過ぎないレバレッジで、比較的安定した通貨ペアを選び、値動きによる収益よりもむしろ、落ち着いてスワップ差益を狙って腰を落ち着けた取引をしていくとしましょう。

 

そうして、「とにかくマイナスを出さない」と言う事を目標にして、少しずつでも着実に利益をだしていきます。

そうしてFXで勝って得たお金の一部を(多すぎない額にしましょう)使って、次に「サブ口座」を作ります。

 

口座は一つのFX業者で複数持つ事はできませんので、他のFX業者に分けて作ります。

 

ショートポジションをメイン口座でするのは勇気がいるかも知れませんが、このサブ口座でならやってみる気になるでしょうし、普段は手を出さないけど儲かりそうだなと興味があった通貨ペアもサブ口座でなら試せるでしょうし、超短期トレードなどもゲーム感覚で試してみるなど、もともとなかったお金(FXで勝ったお金で作る口座なので)だと思えば、ここでは自由なFXを楽しめると思います。

とにかく焦らず、カッカせず、いちいち一喜一憂せずに取引に向かった方が良い結果を出せるものです。

 

こういうサブ口座が、以外といい成績を出させてくれるかも知れませんよ。