今までご紹介してきた分析方法が、いつでも当たってくれれば問題ないのですが、現実は、そういつも調子のいい時ばかりではありません。

 

予測した方向とは逆にレートが動いて行ってしまい損失が出てしまう事だってもちろんあります。

 

その時に必要なのが「ストップロス」です。

 

これは、損失を最小限に抑え、だらだらと損失を膨らませてしまうよりも、勇気を出して一度ここで決済して、次の新たな取引に移ることで資金を有効に活用しようと言うもので、「損切り」とも言います。

 

損失が出始めて、願わくばもう一度持ち直してほしいと待っていて、もちろん、持ち直す事もあるでしょうが、なかなか持ち直さない時ですら、諦めきれなくて「損切り」がなかなかできずに、待てば待つほど損失を膨らませてしまうケースも多く、そうして損失を膨らませて「強制決済」される事になることだってあります。

 

強制決済も、大きな損をしない為の安全装置ですが、それよりも、どこかで自分で見切りをつけて、勇気を出して「損切り」をして資産を守る事ができ、または損失を必要以上に膨らませないで、気持ちを切り替えて次の取り引きに進む事ができる人の方が、FXでは確実に収益を上げていけるのです。

 

10万円を証拠金として投資したとして、その時の維持証拠金(最低維持しなくてはいけない証拠金の金額)が3万円だとして、強制決済はこの3万円を1円でも割り込んだ瞬間に発動されますが、10万円あった証拠金が、損失で残り3万円を割り込むまで、諦められずに執着したがために結局7万円を失うよりも、1万円ほどの損失が出た時点で一度「損切り」をし、決済してしまって(1万円の損失を確定させることで、それ以上に膨らませない)、もし、まだゆとりのある証拠金の残りで別の通貨ペアのポジションを持っていたら、7万円も失わずに済み、もしかしたらその次の通貨ペアが利益まで生んでくれていたかも知れません。

 

幾らいくらまで損失が出たら、何があってもそこで損失を確定させて「損切り」をする事、と言う様に自分の中でルールを作り、それを守るようにする事は大切なことです。

 

さて、こうして損切りをするにも、予想以上の損失を出さないように前もって注文を入れておいて損失を、ある決めておいた時点で確定させる「逆指値注文(ストップ)」と言うものもありますので、レートの変動にやきもきして、なかなか決心がつかずにずるずると損失を膨らませてしまいがちな人は、「逆指値注文(ストップ)」で前もって注文を入れておくといいでしょう。

 

その逆に、利益を確定させるために(「利食い」と言う)、あらかじめ幾らいくらになったら決済するという注文を入れておくものを「指値注文(リミット)」と言います。

 

この二つは同時に出すことができるので、損も大きくせず、また、損しないうちに利益をだす、などというように設定をする事ができます(自動売買のOCO注文)。