FXの話の中には必ず「ローソク足」と言う言葉が出てきます。

 

この「ローソク足」の話は「ローソクチャート」というテクニカル分析に使うチャートの中で、ひとつのローソク(ろうそく・キャンドル)で一気に4つの情報(色の情報も加えると5種類の情報ですね!)を同時に示すというすぐれものの事を言っているのです。

 

この「ローソクチャート」は江戸時代に、本間宗久(ほんまそうきゅう)と言う人が米相場の値動きを読むために開発した日本生まれのチャートで、今では「キャンドルチャート」とも呼ばれ海外でも使われています。

 

このローソクチャートは為替の値動きを理解する基本中の基本で、ほかのチャートを差し置いてでも読み方を理解する必要があるものです。

 

ローソクチャートは一定の為替の動きをひとつの「ローソク足」という上下にヒゲのあるローソクに似た形のもので表しています。

 

それを連続させることによって過去の値動きがいと目で分かるようになっています。

 

本体は太い、おもに長方形をしていて、その上下にヒゲが出ています。

 

上の髭を「上ヒゲ」下の髭を「下ヒゲ」と呼びます。

 

「上ヒゲ」の一番上が最高値(高値)を表し、「下ヒゲ」の一番下が最低値(安値)を表しています。

 

ローソク足には値上がりを表す「陽線」と値下がりを表す「陰線」の2種類があります。

 

チャートによって陽線と陰線でローソク足の本体の色を分けていて、だいたい明るい色や暖色系の色が値上がりをしている陽線のローソクの本体になっており、値下がりを示す陰線のローソクの本体は暗い色または寒色系の色をしている事が多いです。

 

そして、このローソクの本体は、陽線と陰線では意味が逆になりますが、「陽線」の場合ローソク本体の一番下が「始値」で、ローソク本体の一番上が「終値」になります。

 

つまり始まった時の値段よりも上で終わった事を示しています。

 

そして、値下がりを示す「陰線」の場合、ローソクの本体の一番下が「終値」で、本体の一番上が「始値」となり、始まった値段よりも下がったと事で終わったと言う事を示します。

 

ローソク足が表す一定期間には色々あり、5分間の動きを表していれば「5分足(ごふんあし)」、一日の動きを表していれば「日足(ひあし)」一週間の動きを表していれば「週足(しゅうあし)」などと呼ばれています。

 

週足や、月足で長期的なトレンドを分析し、分足や日足で短期的な動きを分析します。

 

この足の種類は、目的別に使い分けるといいでしょう。

 

例えば、スワップ狙いの、すこし長めの期間でする取引の場合は週足で大きなトレンドを見極め、その次に日足を読むなどし、短期の取引なら例えばデイトレードのように1日のうちに新規注文と決済の注文をするような場合、日足で相対的に見つつ、1分足や5分足に注目すると言う感じです。

 

慣れてくると、買い取引で、日足で上昇トレンドを確認し、なおかつ1分足や5分足で底を狙いつつ買いの注文をだすというような組み合わせの使い方が便利になってくるでしょう。

 

ちなみに、ヒゲの長いローソク足はトレンドが反転するサインだと言われています。

 

例えば、下降トレンドで下に長いヒゲが出た場合、その後に上昇トレンドが来る事が多く、また逆に上昇局面で上に長いヒゲが出た場合、その後は下降に転じる可能性が高いと言う事です。

 

また、本体が長細くなく、ほとんど無いようなローソク足は、始値と終値がほとんど同じであったと言う事を表しており、そこに上下にほぼ同じ長さのヒゲが出ている場合、トレンドの転換が起こると言われています。

 

ローソク足を見る時は髭の長さに注意して下さい。

 

それでも、相場の動きに絶対はありませんから、上に長いヒゲが出たのに、上がり続ける事もあるでしょう。

 

ファンダメンタル分析でもそうですが、分析する材料はやはり組み合わせて行う方が予想の的中率が上がります。

 

ですから、ここでも、「ほかの材料では今後上昇が予想されるし、ローソク足の髭も長いひげが下に出てるから。。。」と言う様に、組み合わせて予想の的中率を上げていきましょう。